ロゴ
ロゴ
aaa
お問い合わせ

面接時の注意点やマナーについて

面接時の注意点やマナーについて

面接時の注意点やマナーについて

面接で好印象を与えるための、注意点やマナーについて説明します。前もって準備や心構えをしておき、自信をもって面接に臨みましょう。

面接までに準備しておくこと

まず面接に持っていく書類は、汚れたり折れたりしないようファイルや封筒に入れましょう。すでに書類を郵送している場合はコピーを用意します。面接場所の住所や電話番号を控え、面接場所の地図をプリントアウトしておくことも重要です。また持っていくカバンの中には、筆記用具やメモ帳、印鑑などを入れておくとよいでしょう。最後に、面接場所に着いてから退室までの流れを確認しておくことも、面接で緊張しないために大切です。

当日は身だしなみチェックを入念に

面接ではスーツを着るのが一般的ですが、医療・介護業界ではカジュアルな服装を可としている場合もあります。いずれにしても、清潔感と誠実さが伝わるよう、シワやシミのないものを着用してください。加えて、明るいヘアカラーや華美なメイクは避けましょう。髪はお辞儀をした時に顔にかからないようにまとめます。爪は短く切り、ネイルはベージュ1色などシンプルなものにしてください。男性の場合は髭の手入れをしっかり行いましょう。面接の場所によってはスリッパに履き替えることがあるため、ストッキングや靴下に穴が開いていないか確認してください。

面接場所へは時間厳守で到着しよう

面接に遅刻をすることは厳禁です。あらかじめ面接場所や利用する交通機関を確認し、遅刻することのないようにしてください。面接場所へは、指定された時間の5~10分前に到着するのが理想です。万が一、電車の遅延や体調不良などで遅刻しそうになった場合は、必ず担当者へ連絡を入れましょう。しかし、かえって早く着きすぎると、担当者が外出から戻っていなかったり、面接用の部屋が空いていなかったりと、迷惑をかけてしまう場合があります。面接時間の10分以上前に到着した場合は、近くで少し時間調整をしてから行くのがおすすめです。

面接で成功するためのポイント

面接では質問に対しての答えだけではなく、話し方や立ち振る舞いといった部分までチェックされています。話をするときは、笑顔でハキハキと喋ることを意識してください。その際、緊張を紛らわすために、髪を触ったり貧乏ゆすりをしたりすると印象が悪くなってしまうので気を付けましょう。そして面接官の質問には、的確かつ簡潔に答えるのが望ましいです。この時面接官は、質問内容を正しく理解し、的確に答えることができるかという部分を見ているのです。

© 2018 Open Loop Partners All Rights Reserved.