ロゴ
ロゴ
aaa
お問い合わせ

つらい夜勤を乗り越えるコツとは

つらい夜勤を乗り越えるために

 つらい夜勤を乗り越えるために

夜勤は、本来体を休めるべき時間帯に働くため、体に様々な負担を強いてしまいます。そのため、勤務前後には体調を万全に管理することが大切です。ここではつらい夜勤を乗り超えるためのコツを紹介します。

つらい夜勤は体調管理をしっかりして乗り切ろう

介護職の夜勤は、専従ではなく日勤と交互に繰り返されることが一般的で、不規則な生活になりがちです。生活リズムがくるってしまうと、体調にも不調をきたします。そのため、夜勤のある介護の仕事をするのであれば、食事や睡眠に気を遣い、体調管理をすることが大切です。

睡眠のとり方

夜勤の前には、数時間の睡眠をとりましょう。夜勤中に仮眠が取れる場合は、わずかな時間でもいいので、横になって目を閉じてください。夜勤が明けたら、まっすぐ家に帰って睡眠をとりましょう。外は明るくなりますが、カーテンを閉めて部屋を暗くし、なるべく普段寝る時と同じ環境をつくることが大切です。目が覚めたら出来るだけアクティブに活動し、その日の夜は普段と同じ時間に就寝できるようにしてください。そうすることで、生活リズムを大きく崩すことなく、夜勤に従事することができるでしょう。

食事のとり方

夜勤前には、胃がもたれない程度の食事をとりましょう。夜勤中の食事は、深夜にとることになりますので、なるべく糖質や脂質の少ないものを選んでください。夜勤明けの食事も、軽いものがおすすめです。直後に睡眠をとらなくてはいけませんので、消化の良い野菜や、体が温まるスープなどがおすすめです。こってりしたものをお腹いっぱい食べた後、睡眠をとるということは避けましょう。

メンタル面も健康に保とう

夜勤後は、精神面のケアも大切です。当然のことながら、夜勤は人が寝ている時間に働くということ。どうしても精神的に重くなりがちですが、一般の人と生活が異なると割り切りましょう。夜勤明けの日、夕方に目覚めると、つい何もする気がおきなくなるかもしれません。しかしそれを気にせず行動することが大切です。趣味を楽しんだり、運動やマッサージをしたりして、心も体もリフレッシュさせる時間を持ちましょう。

© 2018 Open Loop Partners All Rights Reserved.