ロゴ
ロゴ
aaa
お問い合わせ

登録販売者とは?

登録販売者について

登録販売者について

登録販売者とは、一般用医薬品の販売ができる専門資格です。2009年の薬事法改正により設けられ、それまで薬剤師や薬剤商しか許可されていなかった一般用医薬品の販売を、登録販売者が行えるようになりました。その結果、風邪薬など大部分の医薬品について、販売を薬剤師に依存する必要がなくなったのです。

登録販売者になるメリット

薬局やドラッグストアなどの医薬品を販売する事業所では、薬剤師が不足しており、登録販売者への期待が高まっています。そのため登録販売者の資格を保有していると、医薬品販売事業所への就職で有利です。また、すでにドラッグストアなどで販売スタッフとして勤務している人であれば、登録販売者の資格を取得することで、昇給に繋がることもあります。さらに登録販売者は店舗管理者になれるので、店長への昇進にもつながるでしょう。

登録販売者が行う仕事の内容

登録販売者の仕事には、一般用医薬品の販売のほか、医薬品の情報提供、顧客からの相談対応、医薬品の適正な陳列などがあります。

医薬品の販売業務

一般用医薬品は、第1類、第2類、第3類の3つに分けられます。登録販売者が販売できる医薬品は第2類と第3類です。第1類は薬剤師しか販売が認められていません。第2類の医薬品には、一般的な風邪薬、解熱鎮痛剤、鎮咳去痰薬などがあり、第3類には、ビタミン主薬製剤、主な整腸薬、消化薬などがあります。

医薬品情報の提供

登録販売者は医薬品の情報提供を行う専門家として位置付けられます。特に、第2類の医薬品について、顧客が適正に使用するために、薬の情報を提供することが求められるのです。ただし、薬剤師のように書面等を用いて情報を提供する必要はありません。

医薬品に関する相談への対応

顧客から医薬品の使用等について相談があった場合、登録販売者はこれに応じる義務があります。第2類医薬品については、相談が無かった場合であっても、必要な情報提供をすることが努力義務とされています。

医薬品の陳列

医薬品販売を行うドラッグストアなどでは、医薬品の種類に応じて、陳列方法が定められています。たとえば、指定第2類医薬品は情報提供する設備から見渡せる7m以内の範囲、または鍵をかけた陳列設備などに陳列しなくてはいけません。こうした規定に従って医薬品を陳列するのも登録販売者の業務になります。

© 2018 Open Loop Partners All Rights Reserved.