ロゴ
ロゴ
aaa
お問い合わせ

登録販売者における受験資格

登録販売者資格の概要

登録販売者資格の概要

登録販売者になるためには、登録販売者試験に合格しなければなりません。この試験にはかつて受験資格がありましたが、平成27年度の試験からは撤廃され、誰でも受験することが可能となっています。

登録販売者試験の受験資格は廃止された

平成26年度までの登録販売者試験には、大学の薬学課程を卒業している、高卒以上で1年以上の実務経験がある、等の受験資格が設けられていました。これらの条件をクリアし、検定に合格すると、すぐに登録販売者として業務にあたることができたのです。現在は受験資格が設けられていませんが、実務経験がある者とない者では、合格後の流れが異なります。実務経験は「薬剤師又は登録販売者の管理及び指導の下に実務に従事した者」と規定されており、一般医薬品の販売における補助業務が該当します。

実務経験がある場合

過去5年以内に2年以上の実務経験がある場合は、試験に合格後、すぐに登録販売者として医薬品の販売業務に従事することができます。また、同時に店舗管理者や管理代行者になることも可能です。

実務経験がない場合

実務経験がない場合は、試験に合格後、2年間「研修中登録販売者」として薬剤師または登録販売者の管理及び指導の下で実務につく必要があります。そして、研修中登録販売者は、研修中であることがわかるよう、名札などを付けなくてはいけません。店舗に薬剤師や経験のある登録販売者がいない場合、研修中登録販売者のみで医薬品の販売を行うことはできません。

登録販売者試験合格後の注意点

試験に合格した後、実際に医薬品の販売業務に従事するには、勤務先の薬局等がある都道府県で「販売従事登録」を受けなければなりません。なお、登録販売者として従事する勤務先が決まっていない場合、販売従事登録の申請ができないので注意しましょう。また、登録販売者として業務にあたるには、過去5年以内に2年以上の実務経験が必須です。もともと実務経験があった登録販売者や、2年間の実務経験を経て研修中登録販売者から登録販売者になった人でも、休職等でこの条件を満たさなくなった場合、研修中登録販売者に戻るため注意が必要です。

© 2018 Open Loop Partners All Rights Reserved.