ロゴ
ロゴ
aaa
お問い合わせ

介護・ヘルパーの求人・転職

介護・ヘルパーの求人・転職

介護・ヘルパーの求人・転職

介護職員・ヘルパーといっても仕事内容は様々です。資格を必要としないものから、専門的な知識を必要とするものまで、多岐にわたります。介護業界へ転職する際は、希望する仕事内容や就業先を明確にしてから応募するのが良いでしょう。

介護・ヘルパーの仕事内容

介護職員やヘルパーは、要介護者それぞれの要介護度に合わせて、日常生活に必要なサポートを行うのが仕事です。食事や入浴の介助など、要介護者が日々の生活で出来ないような、あらゆる部分を手助けしていきます。仕事の合間には、要介護者の話し相手になったり、レクリエーションを行ったりすることもあります。また、介護職員やヘルパーの仕事内容は、就業先や資格によっても異なります。

介護・ヘルパーの就業先

介護職員やヘルパーの活躍の場として、主に介護施設と訪問介護業者の2つがあります。

訪問介護

基本的には、要介護者の自宅へ出向き、食事や入浴のサポートを行います。訪問介護の場合、基本的に日勤のみとなっています。育児や家事の合間に働くことができるため、比較的働きやすい環境といえるでしょう。

介護施設

要介護者が生活している入所型施設では、24時間の対応が求められるため、夜勤を含めた交代制のシフトを組むところがほとんどです。施設によっては、日中勤務や、昼間のパートタイム勤務での募集を行っているところもあります。

介護・ヘルパーの需要

2017年現在、介護職員の人手不足問題は未だ解決にはいたっておりません。2016年に厚生労働省が発表した「2025年に向けた介護人材にかかる需給推計」という調査によると、2025年には介護職員・ヘルパーが約253万人は必要という結果が出ました。しかしその値に対し、供給見込みは約215万人と、約38万人近くも不足することが予想されています。この状況を打破するべく、厚生労働省では、介護職員の人材確保のため、「離職した介護人材の呼び戻し」「新規参入促進」「離職防止・定着促進」という3つの柱を軸にした政策を進めています。

© 2018 Open Loop Partners All Rights Reserved.