ロゴ
ロゴ
aaa
お問い合わせ

保育士の求人・転職

保育士の求人・転職

保育士の求人・転職

保育士は、保育園や保育施設などで子供を預かり、保育を行う仕事です。国家資格である保育士資格を必要とする専門職のため、結婚や出産、年齢を気にせず働くことができる職業です。昨今、保育士不足が問題となっていますが、少しずつ待遇の改善が進められています。

保育士の仕事内容

保育士の仕事は、子供を預かり、身の回りの世話をするだけではありません。遊びやコミュニケーションを通して、子どもの成長を助ける役割も担います。また日々の保育業務で気付いた点や気になった点などを、保護者へ報告したり、時にはアドバイスを行ったりすることもあります。子育ての専門家として、保護者が抱えている不安や疑問に対して、知識やスキルを伝えていくのも保育士の重要な仕事です。

保育士の就業先

保育士の就業先として、主に保育園や保育施設が挙げられます。他にも、障害児施設や児童養護施設などの児童福祉施設で働くことも可能です。ベビーシッターサービスや病児保育なども、保育士の資格があれば就くことができます。これらは「訪問型保育」と呼ばれており、保育園以外で子どもを預かるのが仕事です。近年では、商業施設やテーマパークにおいて、施設内に託児施設を完備しているケースが増えており、そういった場所でも保育士の資格を生かすことができます。

保育士の需要

少子化の進む近年ですが、女性の社会進出は進んでおり、子供がいても働きに出たいという女性が増えています。そのため、保育士の要望も高まっているのが現状です。こういったニーズに答えるため、政府は「子ども・子育て関連3法」という法律を成立させました。この法案により、様々な企業や事業者の保育事業への参加と、さらなる保育園の増加が期待されています。そのため保育士のニーズはますます高まり、就職に困るといったことはないでしょう。また保育士の労働環境を改善する動きも加速しています。今後は低賃金や長時間労働が是正され、より働きやすい環境になることが予想されています。

© 2018 Open Loop Partners All Rights Reserved.