ロゴ
ロゴ
aaa
お問い合わせ

看護師の志望動機の書き方や文例

看護師の志望動機の書き方や文例

看護師の志望動機の書き方や文例

看護師として採用されるためには、一般企業と同じように志望動機の書き方が重要になります。ポイントを押さえて、分かりやすく明確に記載しましょう。

看護師の志望動機を書くポイント

志望動機を書く前に、まずは志望先の経営理念や看護方針を調べておきましょう。志望動機と理念が違っていると、なかなか面接には進めません。経営理念のどこに惹かれ、共感したのかをはっきりと明記することで、自身が目指す医療の在り方や、これまで心がけてきた看護方針をより強くアピールすることができます。また、志望動機に書く内容は、「何故この業種なのか?」や、「何故この病院なのか?」といった、採用担当者の興味・関心に答えるものが理想です。

採用側にアピールできる志望動機の文例

スキルアップのために転職を希望する場合と、ブランク後の復職を希望する場合に分けて、志望動機の文例を紹介します。

スキルアップのために転職する場合

「以前に勤務しておりました一般病院では、QOLについて深く学んできました。幅広い看護スキルを身につけるために、急性期医療の現場を経験したいと思い、転職を決意しました。これまでに培ったQOLの精神で患者様に寄り添い、1日も早く貴院に貢献できる看護師となれるよう努力してまいります。」

ブランクがあって復職する場合

「〇〇科に〇年間勤務したのち退職し、〇年間育児(介護)に専念しておりましたが、状況が変わりましたので復職を考え、教育体制の充実に力を入れておられる貴院を志望致しました。一から学び直し、子育て(介護)の経験、そして前職の経験を生かして、地域医療に末長く貢献できる看護師として活躍できるよう頑張りたいと思いますので、よろしくお願い致します。」

志望動機としてNGな書き方

志望動機を書くうえで、ネガティブな表現は避けるのが基本です。前職でのトラブルや愚痴などを書くことも絶対に避けましょう。また、「学ばせていただきたい」「教えていただきたい」という表現は、一見すると謙虚に感じますが、受け身のイメージが強くなり、積極性が疑われてしまいます。「学ばせていただき」を使うなら、「1日でも早く貴院に貢献できるよう頑張ります」と続けるなどして、前向きな姿勢をアピールしましょう。

© 2018 Open Loop Partners All Rights Reserved.