ロゴ
ロゴ
aaa
お問い合わせ

介護職の志望動機の書き方や文例

介護職の志望動機の書き方や文例

介護職の志望動機の書き方や文例

介護職は様々な経歴をもつ人が応募します。そんな応募者の中から採用されるためには、採用担当者へ、自身の魅力を存分にアピールすることが大切です。ここでは介護職での志望動機の書き方について説明していきます。

介護職に就くための志望動機の書き方

志望動機を記載する際、「やる気は誰にも負けません」、「頑張ります」などの言葉を多用するのは避けましょう。抽象的な表現はわかりにくく、採用担当者へのアピールとしては逆効果となってしまいます。しかし、明確な目標を掲げた上での記載であれば、熱意や意欲が高いという印象を与えることができます。また、前職の退職理由について、「給料が安かった」、「人間関係に問題が生じた」、「体力に不安がある」などのネガティブな記載は避けましょう。ネガティブな表現を使用すると、「新しい職場でも不満ばかりいうのではないか」とマイナスな印象を与えてしまう可能性があります。

志望動機を書く際の注意点

志望動機を記載する際、「やる気は誰にも負けません」、「頑張ります」などの言葉を多用するのは避けましょう。抽象的な表現はわかりにくく、採用担当者へのアピールとしては逆効果となってしまいます。しかし、明確な目標を掲げた上での記載であれば、熱意や意欲が高いという印象を与えることができます。また、前職の退職理由について、「給料が安かった」、「人間関係に問題が生じた」、「体力に不安がある」などのネガティブな記載は避けましょう。ネガティブな表現を使用すると、「新しい職場でも不満ばかりいうのではないか」とマイナスな印象を与えてしまう可能性があります。

採用側にアピールできる志望動機の文例

ここでは、「施設から訪問介護への転職」と「訪問介護から施設への転職」の2つのパターン別に、志望動機の文例を紹介します。

施設から訪問介護へ転職

『前の勤務先は要介護度の高い入居者様が多い施設でしたので、身体介護に対する研修も充実しており、入居者様の負担にならないケアの方法を深く学んできました。長く仕事を続ける中で、利用者様ともっと1対1で向き合った介護を追求したいという気持ちが高まり、貴社の「利用者様一人ひとりに合わせた支援を」という考えに共感し、在宅医療への転職を志望致しました。施設で培った経験を生かし、長く貴社に貢献できるよう頑張りますので、宜しくお願い致します。』

訪問介護から施設勤務へ転職

「在宅介護に〇年勤務する中で、コミュニケーションをしっかり取りながら利用者様の生活をサポートする大切さに気付きました。しかし、限られた時間の中では限界があると感じることがしばしばありました。貴社は地域に根ざし、利用者様に寄り添った介護を実践なさっているグループホームだとお聞きし、ぜひこちらで働きたいと思いまして応募致しました。」

書き終えたら必ずチェックしよう

どんなに志望動機をしっかり書いたとしても、字が汚かったり、誤字脱字があったりすると一気に評価が下がってしまいます。介護記録を正確につけるのも介護職の大事な業務のひとつです。わかりやすく簡潔な文章を書くこと、正しい言葉遣い、漢字の表記には注意しましょう。

© 2018 Open Loop Partners All Rights Reserved.