ロゴ
ロゴ
aaa
お問い合わせ

医療事務の志望動機の書き方

医療事務は事務作業だけではない

医療事務は事務作業だけではない

医療事務は事務的な作業に加え、患者さんと接することの多い職業でもあります。そのため、採用においては応募者の人柄が重視されることも少なくありません。志望動機の作成は、この点を意識して行いましょう。

医療事務の志望動機の書き方

志望動機では、担当者に熱意を伝え、採用したいと思わせることが大切です。志望動機を書く際は、「家から近い」、「勤務時間の都合が良い」などの自己都合を書くのは控えましょう。「積極的に医療事務の仕事に向き合いたい」という意欲が見える文章でアピールすると、好印象を与えることができます。

経験がある場合とない場合のアピール方法

医療事務の経験がある場合は、保有している資格や自身の経験などを書くことで、採用担当者の印象に残りやすくなります。未経験の場合は、経験の無さに対するネガティブさを感じさせない内容にしましょう。医療事務という仕事に興味があり、その世界で活躍したいという意欲をアピールすることで、経験の浅さをカバーすることができます。

医療事務の志望動機の文例

ここでは、医療事務の経験がある場合とない場合に分けて、志望動機の文例を紹介します。志望動機の書き方に困っている方は参考にしてみてください。

医療事務の経験がある場合

『〇〇病院で〇年間勤務し、窓口業務や院内清掃、レセプト作成などの業務全般を1人で行なってきました。患者様の多い病院で多忙な時もありましたが、笑顔を絶やさないよう心がけていました。今回、「地域の皆様の生活の質を支えたい」という貴院の理念に共感し、応募致しました。これまでのスキルを生かして、地域医療に貢献できるよう頑張りますので、よろしくお願い致します。』

医療事務の経験が無い場合

「医療事務は未経験ですが、パソコンのタイピングや接客のスキルの高さには自信がありますので、窓口業務や電子カルテ操作に生かせると考えております。専門的なスキルを身に着け、1日でも早く貴院に貢献できるよう頑張りますので、よろしくお願い致します。」

© 2018 Open Loop Partners All Rights Reserved.