ロゴ
ロゴ
aaa
お問い合わせ

医療事務の履歴書・職務経歴書

履歴書は自分を売り込むツール

履歴書は自分を売り込むツール

就職や転職をする際の履歴書や職務経歴書は、面接で自身を売り込むことのできる重要なツールです。採用担当者へ、自身の魅力を最大限に伝えられるものを作成しましょう。

医療事務の履歴書・職務経歴書に求められること

医療事務の履歴書や職務経歴書では、「医療機関での就業経験や勤務年数、就業先の規模」、「医療事務に関する資格やスキル」、「医療事務の業務以外での経験や自己アピール」といった3つの項目を意識してみましょう。

医療機関での就業経験

医療機関での就業経験がある場合とない場合では、書き方が異なります。医療機関での就業経験がある場合、所属していた医療機関の規模や勤務年数、業務内容などは具体的に記載しましょう。特に医院の規模は、採用担当者が注視する項目の1つです。業務内容や勤務年数は、「医療事務の経験が豊富か」、「即戦力になれるか」といった判断材料となります。勤務年数が短い場合は、「スキルアップのため」など前向きな転職理由を記載しましょう。未経験者の場合は、前職の経験を業務の中でどのように生かしたいのかといった点を記載し、経験不足を補います。

医療事務関連の資格やパソコンスキル

医療事務は資格が必須ではありませんが、医療関係の資格を所持している場合は、必ず記載しましょう。資格を持っていることで、「専門知識が身についている」と証明することができます。また、パソコンスキルがある場合も、必ず記載してください。昨今の医療現場では電子カルテが普及しつつあり、レセプト業務はほぼ電子化されています。忙しい現場で働く医療事務スタッフには、早さと正確性が求められます。日々の事務処理を素早く正確にこなすためには、最低限のパソコンスキルは欠かせないのです。注意点として、必要のない資格は書かないようにしてください。資格やスキルの欄は、業務と関係のあるものだけを記載しましょう。

医療事務の業務以外で自己アピール

医療事務の業務以外にも、仕事に取り組む姿勢や心がけを記載しましょう。例を挙げると、「身体の不自由な患者様には、患者様のペースに合わせたサポートを行いました。」、「病院の顔である受付に立った際は、患者様を笑顔にできるくらいの笑顔を心がけていました」といったことを記載することで、人柄の良さやホスピタリティをアピールすることができます。

© 2018 Open Loop Partners All Rights Reserved.