ロゴ
ロゴ
aaa
お問い合わせ

面接でよく聞かれる質問と回答例

面接での立ち回り方

面接での立ち回り方

ここでは、介護職・看護師の面接でよく聞かれる質問とその回答例を紹介します。面接での受け答えの参考にしてみてください。

介護職・看護師の面接に適した「志望動機」「転職理由」の答え方

履歴書にも志望動機を記載しますが、面接の際にも必ずといっていいほど聞かれます。事前に履歴書の記載と食い違いが出ないよう、口頭での答え方を考えておきましょう。転職の場合は、志望動機と併せて退職理由も聞かれるのが一般的です。「人間関係上のトラブル」や「仕事がきつかったから」などと答えてしまうと、採用担当者に「また同じ理由で辞めるかも」と思われてしまいます。ステップアップを目的とした理由を答えるのがよいでしょう。

「当院でどんな仕事がしたいか」という質問への答え方

「当院に入ったらどんな仕事をやりたいですか」という質問には、採用されたときの具体的なイメージを伝えましょう。「これまではヘルパーをしていました。貴所ではその経験を生かして介護のスキルを磨き、介護福祉士の資格を取得したいと思っています」のように話すと、前職での経験を伝えながらも向上心をアピールすることができます。「小児科医であった父に憧れて看護師になりました。こちらでは私の当初の思いを実現するため、小児科病棟を担当したいです」と、自身の看護観や志望動機とからめて希望部署を告げるのもよいでしょう。一方、「何でもやります」という回答はやる気は伝わりますが、主体性のない印象を与えてしまいます。

夜間勤務や残業が可能か聞かれたときの答え方

面接に多い質問として、「残業はできますか」というものがあります。また、グループホームや入院患者の受け入れがある病院では、夜間勤務が可能かどうか問われます。「できます」と答えた方が有利ではありますが、無理して「できる」と回答しても長続きはしません。できない場合は、「家事があるため夜間勤務や残業はできません」といったように、理由を添えて正直に伝えましょう。また、「○時までならできます」、「○曜日ならできます」といったように、できる限り応募先の意向に沿おうという意思を見せることも大切です。

© 2018 Open Loop Partners All Rights Reserved.