ロゴ
ロゴ
aaa
お問い合わせ

介護職の施設形態別の働き方

介護施設は形態によって働き方が異なる

介護施設は形態によって働き方が異なる

介護施設にはいくつかの形態があり、それによって仕事の内容も異なります。介護の仕事を探す場合は、それぞれの施設の特徴や仕事内容を把握しておきましょう。ここでは、介護施設の中でも代表的な3つの施設について紹介します。

特別養護老人ホームでの働き方

特別養護老人ホームは、国や社会福祉法人、地方自治体によって公的に運営されている施設です。寝たきりの高齢者や重度の認知症患者など、常に介護を必要とする要介護者が入所します。特別養護老人ホームでの主な業務内容は、食事や排泄、入浴介助といった身体介護です。日勤・夜勤・準夜勤のように、いくつかのシフトに分かれており、交代制で勤務にあたります。入所者にとって、特別養護老人ホームは「終の棲家」であることが多いです。医療依存度が高い入所者は少ない傾向にありますが、看取り介護を行う施設も増えています。

介護老人保健施設での働き方

要介護の状態にある高齢者が一時的に入所できるのが、介護老人保健施設です。ここでは、入所者が自宅に戻った後も自立生活ができるよう、医師の指導のもとでリハビリテーションを行っています。勤務形態は、特別養護老人ホームと同じく、24時間体制の交替勤務です。入所者の自立を目的としているため、認知症患者は少なく、食事、排泄、入浴の介助も補助的なものになります。そのため、介護職員の身体的負担は、特別養護老人ホームに比べると軽いといえるでしょう。また、入所者の回復や自活復帰が実感でき、やりがいにつながります。

介護付有料老人ホームでの働き方

介護付有料老人ホームは、主に60歳以上の自力で動ける高齢者が、日常生活を行うための施設です。運営はほとんどの場合、民間の業者となります。介護職員の業務内容は、食事や排泄といった日常生活の介助が中心です。加えて、入所者の日々の健康管理や相談なども行います。勤務は夜勤を含めた交替制となっており、緊急時には提携している医療機関の処置を受ける体制が整えられています。

© 2018 Open Loop Partners All Rights Reserved.