ロゴ
ロゴ
aaa
お問い合わせ

看護師のやりがいや魅力とは

看護師のやりがいや魅力とは

看護師のやりがいや魅力とは

看護師が働くのは、人の生死に関わる医療の現場です。時には精神面や体力面で辛いと感じることもあるでしょう。それと同時に、看護師になってよかったと感じる瞬間や、やりがい、仕事の魅力もたくさんあるのです。

 

看護師としてのやりがいを感じるとき

看護師として仕事のやりがいを感じるのは、何といっても病気や怪我で入院・通院していた患者さんが、元気になっていく姿を見たときです。自身のスキルアップを実感したときや、国家資格を持っているからこそのメリットもあります。

患者さんが健康になったときの喜びがやりがいに

看護師は医療の現場で、看護を通じて多くの時間を患者さんと過ごします。その中で、お世話をしてきた患者さんが健康を取り戻し、無事に退院する瞬間は、看護師としてやりがいを感じる瞬間の1つです。また、リハビリで患者さんが快方に向かったときの喜びもひとしおでしょう。他にも、患者さんや家族の方から感謝をされたり、検査や投薬を拒んでいた患者さんが心を開いてくれたりすることも、看護師にとっては嬉しい瞬間です。

自分が学んだ知識を医療の現場に役立てられる

医学の進化は日進月歩であり、いくら学んでも終わりはありません。そのため、医療に従事する看護師も、一生学び続ける必要があります。そうして積み重ねた知識や経験を、日々の仕事に反映させていくことで、成長が実感できるでしょう。大きな責任を背負うと同時に、自らも医療現場を支える一員であるという自覚も大きいため、やりがいにつながります。また、仕事で得た看護の知識は家庭でも役立ちます。家族の具合が悪くなったとき、サポートできる知識や経験があることは、医療人としても家族としても喜びです。

勤務場所が変わってもこれまでの経験を生かせる

結婚や配偶者の転勤などにより転居や退職を余儀なくされることは、多くの人に起こり得ます。しかし、看護師としてのキャリアがあれば、新しい土地でも、即戦力として看護の仕事に就くことができるでしょう。経験値を一生涯積み重ねていけることも、看護師という職業の大きな魅力です。

© 2018 Open Loop Partners All Rights Reserved.