ロゴ
ロゴ
aaa
お問い合わせ

人間関係の悩みと対処法

介護職・看護師にありがちな人間関係の悩みと対処法

介護職・看護師にありがちな人間関係の悩みと対処法

気になる人間関係

介護職や看護師といった職業は毎日多くの人と接します。接する相手は患者さんや要介護者さんだけに留まらず、上司や同僚、他職域のスタッフなど、多岐に渡ります。介護職や看護師だけに限らず、どの職業においても「人間関係」は気になるところです。

介護職や看護師が職場で人間関係を円滑にする方法

介護職や看護師では、女性の就労者のほうが男性就労者よりも数が上回っています。 どちらの業種もチームワークが重要となりますので、スタッフ同士の人間関係はよいに越したことはありません。ここでは、仕事上起こりやすい人間関係のトラブルについて、対処法を交えてご紹介します。

患者や要介護者との人間関係

介護職や看護師は、毎日患者さんや要介護者さんと接する仕事です。患者さんや要介護者さんは、一人ひとり年齢や性格が異なります。また、病気や怪我への不安や、自宅以外の場所で暮らすことへのストレスも持ち合わせているため、うまく信頼関係を築けないことも少なくありません。さらに、家族の方との間でもトラブルが生じることもあります。要介護者や患者さんと上手に接するためには、背景に抱えている様々な事情を知っておくことが大切です。

介護職同士・看護師同士の人間関係

現場で働くスタッフ間でも、人間関係のトラブルが起こります。医療の現場も介護の現場も、人の命を預かるからこそ、指導が厳しくなったり、意見の食い違いが激化したりするのです。職場によっては、仕事を押し付けられたり、噂話や他のスタッフの陰口を聞かされたりするケースも考えられます。こういった場合は、決して悪い雰囲気に流されることなく、自ら行動して改善に努めましょう。スタッフ同士の人間関係を良好にするためには、日々のコミュニケーションが大切です。 日頃から意識的に声をかけることで、相手との信頼関係を築くことができます。

他職種のスタッフとの人間関係

医療や介護の現場では、他の専門職との連携も必要です。例えば、看護師が医師から指導を受けて処置を行ったり、介護士が作業療法士や栄養士などと連携しながら介護を行ったりします。そうした中、異業種のため理解できないことがあったり、意見の食い違いが起こったりすることもあります。立場が違えば、意見も違うのは当たり前のことです。自身の専門分野には自信をもって意見すべきですが、相手の立場や意見も尊重しなくてはいけません。これをお互い意識することが、よい人間関係を築く方法といえるでしょう。

© 2018 Open Loop Partners All Rights Reserved.