ロゴ
ロゴ
aaa
お問い合わせ

看護師の退職理由で多いもの

人手不足な看護業界

人手不足な看護業界

昨今の看護師の人手不足問題を解消するにあたり、退職理由についても考える必要があります。ここでは、看護師に多い退職理由をご紹介します。

ライフイベントに伴う退職が最多

日本看護協会が発表した「平成24年度都道府県ナースセンターによる看護職員の再就業実態調査」によると、看護師の資格を持ちながら仕事をしていない人の退職理由の1位は、「妊娠・出産」となっています。女性の大切なライフイベントであることから、1位になるのも当然の結果といえるでしょう。注目すべき点は、2位と3位が健康状態に関する理由ということです。2位が「身体的健康状態」、3位が「精神的健康状態」です。4位以降は、勤務形態や動労時間に関するものが多く、「時間外労働の多さ」、「家事との両立が困難」、「休暇が取れない」などが挙がっています。ただし、このような理由であれば、転職などで環境を変え、仕事を続けることは可能です。

精神的な負担による理由も目立つ

調査結果には、精神的な負担による退職理由も多く見られます。主な理由としては、「医療事故への不安」や「責任の重さ」、「適正・能力に対する不安」といったものです。経験を積み、着実にキャリアアップをしていく看護師がいる一方で、不安を抱えて退職してしまう看護師もいることが分かります。また、女性が多いという職場の特性柄、人間関係がうまくいかず、退職してしまうということもあるようです。しかし、「子育てへの理解が得られて出産後も働きやすい」など、女性が多いことをメリットとしてとらえる声も少なくありません。

他業種と比較すると看護師の離職率は低い

看護師の離職率は、他の産業と比較して特別高いわけではありません。そればかりか、女性の一般労働者の離職率よりも低い結果となっています。これは、看護師の需要が高いことに加え、資格職で一生続けられる職業の1つであることが理由として挙げられます。結婚や出産により、退職した後の復職も、比較的容易です。世界に例のない高齢化社会を迎えている日本において、看護師の需要は今後も増していくでしょう。

© 2018 Open Loop Partners All Rights Reserved.