ロゴ
ロゴ
aaa
お問い合わせ

看護師が復職するためのポイント

復職を希望する際のポイント

復職を希望する際のポイント

看護師として復職を希望する場合、休んでいた間のブランクを気にする人は多くいます。そこで、ブランクがある看護師が復職する際のポイントを紹介します。

看護師復職支援研修へ参加する

復職を考えた際、まずは「看護師復職支援研修」へ参加してみるのがよいでしょう。これは、各都道府県や医療機関が主催する、離職中の看護師を対象とした研修です。最新医療に関する講義や、採血や注射などの実習を受けることができます。またクリニックや訪問看護ステーション、老人保健施設といった場所でも研修が行われています。

ブランクが長い場合は短時間勤務から始めてみる

長いブランクを経て復職するのであれば、フルタイム勤務ではなく、短時間勤務から始めてみるのもよいでしょう。いきなりフルタイムで復職してしまうと、体がついていけず疲れがたまってしまったり、現場の感覚を取り戻すのに苦労したりすることがあります。そのような状態が続くと、復職しても途中で挫けてしまうことになりかねません。

ブランク看護師の受け入れ態勢が整っている職場を選ぶ

ブランクのある看護師が就職する場合、教育体制が整っている職場を選ぶのがおすすめです。たとえば、復職支援プログラムを採用していたり、慣れるまでプリセプターがついて指導してくれたりといった点です。こういったフォロー体制が整っている職場であれば、ブランクがあってもすぐに仕事に慣れることができるでしょう。しかし、職場によっては研修を行っていないこともあるため、面接などで研修の有無を確認してください。

看護技術を使う機会が少ない職場を選ぶ

医療の最前線に復職するよりも、夜勤や残業の少ない職場で子育てを優先しながら復職したいという場合は、介護施設に就職するのもおすすめです。施設の形態にもよりますが、介護施設は夜勤や残業が比較的少なく、子育て中の看護師でも働きやすいことが多いのです。また、医療行為を行うことが少ないため、看護技術に不安のある看護師でも問題ありません。

© 2018 Open Loop Partners All Rights Reserved.