ロゴ
ロゴ
aaa
お問い合わせ

介護職の就職先の選び方

介護施設の種類と特徴を理解しよう

介護施設の種類と特徴を理解しよう

介護職を希望して就職先を選ぶにあたり、介護施設の種類と特徴について理解しておくことが重要です。ここでは、介護施設ごとの特徴や、就職先の選び方について解説します。

就職先を選ぶには介護方針や特徴を知ろう

介護施設には、大きく分けて、公的機関が運営する施設と、民間事業者が運営している施設があります。それぞれ仕事内容や介護方針は大きく異なります。自分が理想とする介護のあり方や、将来的に高めたいスキルを考えたうえで、就職先を選びましょう。

公的な運営主体の介護施設

地方自治体や社会福祉法人など、公的な機関が運営する介護施設には、「特別養護老人ホーム(特養)」、「介護老人保健施設(老健)」、「ケアハウス」などがあります。

公的な介護施設は、医療との連携を強みとしています。医師や看護師、理学療法士、作業療法士など、様々な職域のスタッフと連携して働きたいという人に向いているでしょう。特養は長期的に入所する人が多く、1人ひとりに深く寄り添った介護ができます。老健は在宅復帰を目指すケアが中心となり、入所者の回復を間近でサポートすることが可能です。公的な施設は、医療法人が病院経営とあわせて運営を行っていることが多く、こうした施設では比較的介護職員の給料が高い傾向にあります。

民間事業者中心の介護施設

民間事業者が運営する施設は数多くあり、施設ごとの特徴も様々です。主に、「有料老人ホーム」や「サービス付き高齢者向け住宅」、「グループホーム」に分けられます。「有料老人ホーム」は、健康な高齢者のみを受け入れる施設から、看取りにも対応する施設まで、様々なものがあります。またグループホームは、入所者の医療依存度は低いものの、認知症患者が多いというのが特徴です。

民間の介護施設は、サービスの幅が広いという特徴があり、イベントやレクリエーション、外出行事に力を入れる傾向にあります。入所者の生活を充実させることに重点をおいたケアがしたいのであれば、民間の介護施設がおすすめです。ただし、営業的な側面が強く、接遇面が重視される傾向にあります。給与体系や教育体制が比較的整っているのも民間施設の特徴です。

© 2018 Open Loop Partners All Rights Reserved.