ロゴ
ロゴ
aaa
お問い合わせ

看護師の就職先の選び方

看護師が働ける場所はいくつかある

看護師が働ける場所はいくつかある

看護師の働ける場所は、医療機関や介護施設など多岐に渡ります。ここでは、看護師が就職先を選ぶときのポイントについて紹介します。

就職先選びの前に事前準備をする

看護師として就職先を選ぶ際は、まず目標や希望、譲れない条件などを挙げておきましょう。「○○科で働きたい」、「月に○○円は稼ぎたい」、「通勤時間○○分以内」といったように、大まかな内容で構いません。そして優先順位を決め、一定の判断基準を設けておきます。

客観的に自己分析をする

自分に合った職場を見つけるためには、自己分析が大切です。性格によっても、職場の向き不向きは異なります。多くの患者さんと接することができる環境を望むのか、逆に少人数で働ける環境が心地よいと感じるのか、人によって異なります。また、看護師としてのキャリアアップを重視したいのであれば、研修制度などが整っていることも重要です。一方、仕事よりもプライベートを優先したい気持ちが強いのであれば、労働時間や夜勤の有無などの条件面から選んでいきましょう。

いろんな職場について調べてみる

看護師には、様々な就職先があります。医療機関ひとつとっても、総合病院や大学病院、個人医院、診療所などがあり、仕事内容は異なります。ほかにも、保健所や介護福祉施設、保育園、企業内の医務室といった場所でも働くことができます。それぞれの職場で、どのような働き方ができるのか、どのようなスキルが習得できるのか、調べてみてください。思いもかけなかったところに、理想の職場が見つかるかもしれません。

候補が決まったらあらゆる角度から情報収集を行う

自分の希望に合った職場が見つかったら、求人情報やホームページを使って、その職場に関する情報を集めましょう。診療科目や病床数、看護方針などはもちろんですが、労働条件の確認も必須です。どんなに雰囲気のよい職場だとしても、労働条件が合わないと長く務めることはできません。集めた情報は、履歴書・職務経歴書の作成時や、面接の際にも役立てることができます。

© 2018 Open Loop Partners All Rights Reserved.