ロゴ
ロゴ
aaa
お問い合わせ

「看護師に向いてないかも?」

看護師の悩みと対処法

看護師の悩みと対処法

看護師として仕事をするなかで、「自分は看護師に向いてないかも?」と悩む人はたくさんいます。ここでは、このような悩みを抱えてしまったときの対処法を、原因とあわせて紹介します。

「看護師に向いていないかも」と悩んだときは原因を追究して対処しよう

看護師をしていると「私にはこの仕事、向いていないかも…」と感じることがあります。そういった思いを持ちながら仕事を続けていると、心身に負担がかかってしまいます。「看護師に向いていないかも」と感じたら、そう思うに至った原因を考え、それにあわせて対処しましょう。

看護技術の未熟さが原因の場合

看護師としての知識や技術が、現場で求められるものより低かった場合、先輩看護師や医師から注意されることがあります。落ち込んだり辞めたくなったり、ときには「私は看護師に向いていないかも」と悩むこともあるでしょう。注意されるのは、看護師に向いていないのではなく、勉強や経験が足りないのだと思ってください。たしかに、看護師には医療に対する幅広い知識と高い技術が必要ですが、最初からすべてを完璧にこなせる人はいません。経験を積むことで、知識や技術が身につき、仕事をこなせるようになるのです。失敗してしまったときも同様に、向いていないと悩む前に「次は失敗しないぞ」という前向きな強い意志を持ちましょう。

人とコミュニケーションを取るのが苦手な場合

患者さんとうまくコミュニケーションが取れないと、スムーズなケアができません。それが原因で「私は看護師に向いていない」と感じる看護師も多くいます。そんなときは、「うまくコミュニケーションを取ろう」と考えずに、笑顔でハキハキ応対することだけを心掛けてみてください。そうすることで、患者さんに安心感を与えることができ、自然とコミュニケーションが取れるようになるでしょう。しかし、どうしても患者さんと接することが辛いと感じる場合は、職場を変えてみるのもひとつの方法です。病棟勤務以外にも、企業の医務室や保育所など、患者さんとあまり接しない職場もあるので、自分に合った職場を探してみてください。

© 2018 Open Loop Partners All Rights Reserved.