ロゴ
ロゴ
aaa
お問い合わせ

ブラックな施設・病院の見分け方

問題視されるブラック企業

問題視されるブラック企業

近年、ブラック企業が大きな問題になっており、介護・看護分野においても同様に問題視されています。ここでは、ブラックな施設・病院の見分け方を紹介します。

ブラックな施設や病院の見分け方を知ろう

介護施設や病院の労働環境は、職場によって様々です。働きやすい職場もたくさんありますが、人手不足などの理由で極端なブラック労働を課す職場もあるため注意が必要です。就職や転職をする際は、以下のポイントを押さえながら、ブラックな職場かそうでないか見分けましょう。

求人広告からブラックな施設・病院を見分けるには

応募を検討している施設や病院がブラックかどうかは、求人広告から判断することができます。常に求人を出し続けている場所は要注意です。求人を出し続けているということは、職員の定着率が低く、絶えず人材不足に陥っていることがわかります。また、周辺施設よりも高い給与額が書かれていたり、「残業なし」などと書かれていたりする求人も、用心したほうがよいでしょう。平均よりも高い給与を提示している場合、平均的な給与額では人が定着しないほど激務である可能性があります。また介護職員や看護師といった職業には、残業をしなければならない日というのは少なからず存在します。求人広告は、むやみに信用しないようにしましょう。

応募や面接のときはここに注意

応募の電話や面接の場でも、ブラックな職場かどうかを見分けることができます。電話や面接の際、採用担当者に横柄な態度をとられたり、無気力な応対をされたりした場合は注意しましょう。採用担当者は上司となるかもしれない存在です。入職後には、きっと同じ態度で接してくるでしょう。また、簡単な面接ですぐに内定を出すような施設・病院も避けたほうが無難です。即日で内定を出す背景には、明らかな人材不足が関係しています。「だれでもいいから採用」という場所ではなく、「こんな人を採用したい」という場所で採用されたほうが、働きがいにも繋がります。

© 2018 Open Loop Partners All Rights Reserved.