ロゴ
ロゴ
aaa
お問い合わせ

看護師転職前の病院見学

職場を選ぶポイント

職場を選ぶポイント

看護師として就職先を検討する際、病院選びは重要です。ここでは、看護師が転職前の病院見学をするときに見ておくべきポイントを紹介します。

看護師転職前の病院見学で見るべきポイント

看護師として転職を希望している場合、応募や面接の前に病院見学をしておくのがおすすめです。事前に病院見学をしてから検討することで、働き始めてからのミスマッチが少なくなります。

働く看護師の様子は必ず確認しよう

病院見学で最も見るべきポイントは、実際に看護師が働いている様子です。「ハツラツと仕事をしているか」、「患者さんに積極的に声をかけているか」、「着用している制服は清潔か」などをチェックしてみましょう。清潔な制服を着用して、明るくハツラツと仕事をしている看護師がいると、患者さんだけではなく、一緒に働く仲間も明るい表情になります。反対に、表情が暗かったり不衛生な制服を着用していたりする場合は、人手不足や過酷な労働実態が疑われます。

ナースステーション内の様子は特に重要

病院のなかでも、特にナースステーションのチェックは必須です。ここでは、「整理整頓が行き届いているか」、「看護師同士の雰囲気はどうか」といったことを確認しておきましょう。ナースステーション内が散らかっている場合、整理整頓の余裕がないほど多忙な現場である可能性があります。また実際に働くうえでは、看護師同士の雰囲気も重要です。和やかな雰囲気で会話しているのであれば、入職した際も安心して働けるでしょう。

病院内の福利厚生施設も確認しておこう

トイレや更衣室も必ず確認しておきましょう。夜間勤務がある病院を希望している場合は、仮眠室の有無や室内の環境などもチェックしてください。また転職後に病院の託児所を利用したい場合は、施設内の雰囲気なども確認しておくとよいでしょう。

病院見学の際に心がけること

病院見学に行くときは、清潔感のある装いを心がけましょう。見学中であっても病院内は日常の職務が続いています。職員に会ったら明るい笑顔で挨拶をし、仕事の邪魔にならないよう注意してください。病院見学を終えたら、すぐにお礼状やお礼のメールを送るのがマナーです。

© 2018 Open Loop Partners All Rights Reserved.