ロゴ
ロゴ
aaa
お問い合わせ

資格なしでも就ける介護の仕事

無資格の介護業務

無資格の介護業務

介護の仕事は、介護に関連する資格を持っていない人でも就くことができます。ここでは、無資格でもできる業務について説明します。

無資格でも介護の仕事に就くことはできる

高齢化社会が進む昨今、多くの介護施設が人材不足という問題を抱えています。そのため、介護の資格を持たない人を採用するケースも増えているのです。有資格者と比べると業務内容は限られてしまいますが、無資格であっても介護の仕事に携わることは可能です。

資格がなくても就ける介護の仕事

資格がなくても就くことができる介護の仕事として、デイサービスの送迎車運転手や介護施設職員、訪問入浴サービスの職員などが挙げられます。

介護施設の職員

介護施設内での勤務に関しては、資格の有無は問われません。そのため、介護関連の資格を持たない人でも、特別養護老人ホームやグループホームといった介護施設で働くことが可能です。無資格かつ介護業界が未経験の人や経験が浅い人は、食事の準備や洗濯、先輩職員のサポート業務、レクリエーションのサポートといった業務からスタートするのが一般的です。

訪問入浴の職員

基本的に、訪問介護は資格を持たないと従事することができません。しかし訪問入浴の場合は、資格がなくても勤務することができます。訪問入浴は自宅での入浴で介助が必要な方を対象に、入浴サポートを行う仕事です。一般的に、看護師1名、介護職員2名の3人1組で利用者さんの自宅を訪問し、サービスを提供します。

© 2018 Open Loop Partners All Rights Reserved.