ロゴ
ロゴ
aaa
お問い合わせ

介護職のうつ病予防方法

介護職がかかりやすいうつ病

介護職がかかりやすいうつ病

近年では、介護職員のうつ病発症率が上昇傾向にあります。ここでは、介護の仕事に従事する人に向けて、うつ病の予防方法について詳しく説明します。

うつ病はだれでも発症するリスクがある

うつ病は特別な病気ではなく、高血圧や生活習慣病のように、だれにでも発症する可能性がある病気です。現代のストレス社会において、日常でストレスを感じる人は多く、生涯で何らかの精神疾患にかかる割合は5人に1人ともいわれています。うつ病にならないためには、ストレスを放置せず、ストレス解消を心がけることが大切です。

うつ病予防には規則正しい生活習慣が大切

多くの介護施設では、夜間勤務を含めたシフト制が採用されています。こうした施設で働く介護職員は、生活が不規則になりがちです。生活習慣の乱れは、心身にストレスを蓄積させ、うつ病を引き起こす原因になることもあります。そうならないためにも、できる限り規則正しい生活習慣を心がけましょう。まず、十分な睡眠をとるようにしてください。さらに、適度な運動やバランスの取れた食事を心がけることも、うつ病予防に最適です。運動や食事には、自律神経を整える効果があり、精神安定作用をもたらすホルモンの分泌に役立ちます。ほかにも、休日は趣味に没頭したり、旅行に行ったりしてリフレッシュをはかるのもおすすめです。ただし、過度な喫煙や飲酒、過食などはおすすめできません。これらの習慣を続けていると、体に不調をきたしてしまうことがあります。

うつ病予防には自分の性格を見つめ直すことも大切

多くの介護施設では、夜間勤務を含めたシフト制が採用されています。こうした施設で働く介護職員は、生活が不規則になりがちです。生活習慣の乱れは、心身にストレスを蓄積させ、うつ病を引き起こす原因になることもあります。そうならないためにも、できる限り規則正しい生活習慣を心がけましょう。まず、十分な睡眠をとるようにしてください。さらに、適度な運動やバランスの取れた食事を心がけることも、うつ病予防に最適です。運動や食事には、自律神経を整える効果があり、精神安定作用をもたらすホルモンの分泌に役立ちます。ほかにも、休日は趣味に没頭したり、旅行に行ったりしてリフレッシュをはかるのもおすすめです。ただし、過度な喫煙や飲酒、過食などはおすすめできません。これらの習慣を続けていると、体に不調をきたしてしまうことがあります。

うつ病予防には自分の性格を見つめ直すことも大切

うつ病を発症しやすい人の性格上の特徴として、「完璧主義」や「責任感が強い」といった傾向が挙げられます。介護の仕事では、利用者に合わせた対応が必要な場面も多々あります。そのため、こうした性格の人は、思い通りに物事が進まないことでストレスをためてしまうのです。当てはまるという人は、心の負担を減らすためにも、定期的に自分の性格を見つめ直してみてください。抱えているストレスに対して柔軟に対応をすることを心がけましょう。

© 2018 Open Loop Partners All Rights Reserved.