スポットナース

スポットナースとは

ダブルワークや単発のお仕事などを総称して「スポットナース」と言います。スポットナースとは、「収入を補填するために、本業の他にアルバイトや派遣、単発の仕事などを行うこと」です。

国が副業や兼業を促進していることを受け、副業を解禁する企業が増えたことから、サラリーマンなどの正社員を中心に徐々に広まりつつあります。

スポットナースの仕事を探す

オープンループパートナーズが運営する看護師専門の転職・求人情報サービス「ナースのしごとら」にて、スポットナースの求人をお探しください!

スポットナースのメリット

主に収入面や経験面でメリットがあります。

収入が増える

スポットナースの最大のメリットともいえるのが「収入が増えること」です。
条件にもよりますが、本業の収入の他に毎月数万円~十数万円程度の収入を得られるのは魅力的だといえます。
特に看護師の場合には、夜勤バイトの求人が比較的多いことも魅力です。
夜勤バイトはシフトを調整することで本業との両立がしやす、夜勤手当が加算されるぶん日勤よりも給料も高めなので、本業の合間に効率よく稼ぐことができるといえます。
スポットナースを考えていて、夜勤に抵抗がない方は、まずは夜勤バイトを探してみるのも良いかもしれません。

活躍の場が広がり、幅広い経験が積める

本業の看護業務は、毎日同じことの繰り返しで変化が乏しい、と感じている看護師の方は少なくないのではないでしょうか。
スポットナースで働くことで、本業とは異なる分野の看護も経験することができます。本業以外の分野の看護を実際に経験することで、今後のキャリア形成の参考にしたり、転職先の候補を増やしたりできるようになるかもしれません。

スポットナースのデメリット

メリットだけでなくデメリットもあるので、焦らずゆっくり検討してください。

休暇が取りにくく、疲労が蓄積しやすい

本業の休暇時間をスポットナースの勤務に充てるため、心身を休める時間が減り、疲労が溜まりやすくなります。
看護師の仕事は基本的に忙しく、重労働であることも多いので、しっかり身体を休めることが重要です。スポットナースで、休みが十分に取れないと、本業に影響が出ることも考えられます。
スポットナースを始める際には、無理のないシフトで働ける求人を探すのが大切だといえるでしょう。

本業の職場で不都合が生じるケースがある

規則で副業が認められている場合、本業に支障が出ない限りでスポットナースをするのは基本的に自由です。
ただし、状況によってはスポットナースをしていることを公言するのは避けたほうが良い場合もあります。
本業の職場で、スポットナースについて「副業をやって本業に集中できるのか」「副業収入で同期より稼いでいる」など、否定的な考えを持っている方がいるかもしれません。
そのため、本業の職場でも周囲への配慮は欠かさないようにしましょう。

スポットナースの仕事を探す

オープンループパートナーズが運営する看護師専門の転職・求人情報サービス「ナースのしごとら」にて、スポットナースの求人をお探しください!

スポットナースの注意点

病院がダブルワークを禁止している場合がある

病院の中には、「業務への支障」「情報漏えいの危険性」などから、就業規則でダブルワークを禁止している職場もあります。
また、国公立病院に勤務する看護師は、「公務員」という立場上、副業が禁止されています。
最悪の場合、解雇処分となり、次の仕事に影響が出る恐れもありますので、始める前に現在の職場の就業規則の確認をしておきましょう。

所得金額によっては申告が必要

スポットナース(副業・ダブルワーク)で得た収入が一定金額を超えた場合、収入に対する所得税と住民税を支払うために、確定申告が必要です。
本業の給与に関してはおそらく職場で年末調整を行っていると思いますので、スポットナースの給与分のみの確定申告となります。

シフトや勤務日数の条件

スポットナース(副業・ダブルワーク)の就業先で、シフトを一方的に組まれたり、最低勤務日数が設定されていることなどがあります。以下のポイントについて事前に確認をしておきましょう。

●シフトの申告方式(決定権はどちらにあるか)
●シフトの提出日(本業より後に設定されているか)
●最低勤務日数の有無(副業の出勤ノルマに苦しめられることはないか)

シフトの決定権がすべて職場にある場合や、出勤日数のノルマがある職場では、いずれ負担が出てくるでしょうから、ダブルワークに慣れるまでは避けたほうが良さそうです。

スポットナースの仕事を探す

オープンループパートナーズが運営する看護師専門の転職・求人情報サービス「ナースのしごとら」にて、スポットナースの求人をお探しください!

おすすめのスポットナース6選

1.夜勤専従アルバイト

病棟での夜勤バイトは、勤務スケジュールをずらすことで本業とも両立がしやすく、基本的に夜勤手当が付き給料も高めなので、ダブルワークにオススメの働き方です。
単発のバイトや、日払い・週払いといった好条件の求人が多いことも魅力に挙げられます。
ただし、夜勤を続けると体に負担がかかりやすいので、本業に影響が出ないようにしなければならない点には注意が必要です。

2.老人ホームや介護施設など高齢者向け施設

看護師のダブルワークでは、老人ホームや介護施設も選択肢に入れやすいといえます。
業務は一般的な介護業務が中心になりますが、採血や健康診断など看護スキルが必要な場面もあります。
医師が常駐していない施設もあることから、介護スタッフとの連携が大切だといえるでしょう。
オンコールや夜勤勤務があったり、長期勤務の募集だったりと求人の選択肢が多いため、本業と両立できる雇用条件かよく確認するのが重要です。

3.検診センター

健診センターは、健康診断を行うことを目的とした施設です。
土日勤務や単発の求人が多いことが特徴で、シフトで勤務日の調整がしやすい働き方だといえます。
業務内容は身長・体重測定や採血といった一般的な健康診断の補助業務が中心です。
重労働が少なめで、体力的に余裕が持てるので、ダブルワークが初めての方にもオススメだといえます。

4.保育園・幼稚園

子どもが好きな方にオススメなのが、保育園・幼稚園での看護業務です。
園児や職員の健康管理、健康診断、体調不良や怪我の対応などを行います。
病院やクリニック勤務よりも、基本的には忙しくなく、逼迫した状況にもなりにくいのが特徴です。
ただし大抵の保育園・幼稚園は月曜日~土曜日が開園日であり、かつ日勤で働くことになるため、本業とのシフト調整は綿密に行うのが良いでしょう。

5.イベントナース

イベントナースは、各種イベントの救護室で急病人の処置を行います。
大半は怪我や熱中症といった軽い症状の患者を看ますが、中には大怪我を負ってしまう人や、重症に陥ってしまう人が出てくるケースもあるので、救急の経験があるのが望ましいでしょう。
時給換算すると高めの収入が得られる求人が多い反面で、単発の求人が多いため、継続してイベントナースで稼ぎ続けるのは難しいかもしれません。
また勤務日や勤務時間はイベントの日程に準じるため、スケジュール管理が難しいといえるでしょう。

6.ツアーナース

ツアーナースは、旅行やツアーに同行して健康管理を行う看護師です。
求人は学校のイベントや部活動の合宿、バスツアーなどさまざま。
宿泊だと夜間の対応が必要な場合があったり、救急対応を一人で行わなくてはならなかったりするので、総合的な看護スキルが備わった方に適しているといえるでしょう。
学校の合宿では子どもたちと触れ合えたり、旅行先でリフレッシュできたりと、ツアーナースならではのメリットを魅力に感じる方は多いようです。

スポットナースの仕事を探す

オープンループパートナーズが運営する看護師専門の転職・求人情報サービス「ナースのしごとら」にて、スポットナースの求人をお探しください!

© 2022 Open Loop Partners All Rights Reserved.